睡眠時無呼吸症

睡眠時無呼吸症とは

睡眠時無呼吸症とは

睡眠時無呼吸症とは、文字どおり睡眠中に呼吸が止まる病気です。
最も、ずっと呼吸が止まっているわけではなく、医学的には10秒以上の気流停止を無呼吸としています。
そして、無呼吸が7時間の睡眠中に30回以上、もしくは1時間に5回以上あれば睡眠時無呼吸となります。

睡眠時無呼吸症で問題なのは、眠っている間のことであるため自覚できないということです。
自覚できなければ検査や治療を行う機会はないですから、実際には多くの潜在患者がいると言われています。
ちなみに、睡眠時無呼吸症の英語の頭文字をとって「SAS」と表現されることもあります。

睡眠時無呼吸症による日常生活の支障

睡眠時無呼吸症は眠っている間に起きていることですから、気にしないという方もいるかもしれません。
しかし、睡眠時無呼吸症が原因となって起きている間に様々な悪影響を及ぼします。
つまり、睡眠時無呼吸症になることで日常生活にリスクを抱えてしまうことになるのです。

そもそも睡眠というのは脳や身体を休めるために必要な行為なのですが、無呼吸になることで体内の酸素は減少し、それを補うために身体が心拍数を高めます。
このように、眠っている間に脳や身体が大きな負担を強いられることになるのです。

そうなると、睡眠の目的である「脳や身体を休める」が不充分となり、起きている時に強い眠気に襲われる、さらには倦怠感や集中力の低下が起こります。
眠気、倦怠感、集中力低下…これらはいずれも日常生活の支障となってしまうのです。

マウスピースを使用した治療を採用

マウスピース

当院では、睡眠時無呼吸症の治療にマウスピースを使用しています。
元々、睡眠時無呼吸症の治療においては主に2つの方法があり、1つはCPAP(シーパップ)と呼ばれる方法、もう1つが当院で採用しているマウスピースを使用する方法です。

CPAPという方法では鼻にマスクをつけ、その上で小型の機械によって空気を送り込む治療方法です。
一定の圧力をかけた空気を送り込むことで、気道を広げることができるのです。
ただしCPAPは人によっては身体に不快感を覚え、治療方法に負担を感じる方も少なくありません。

その点マウスピースなら睡眠中に装着するだけでいいので、簡単で不快感や負担もないのです。
このため、他院でCPAPによる睡眠時無呼吸症の治療を断念した方も、当院のマウスピース治療なら不快感なく受けていただくことができます。

マウスピース治療について

まずどうやって装着するかですが、マウスピース治療では下顎を前に出して気道を広げ、その位置で固定する形でマウスピースを装着します。
仕様上「小顎の方」、「軽症の方」、「中症の方」により効果が高く、「重症の方」でも使用可能です。

マウスピースであるため、旅行や出張などの際に持ち運びできるという利点もあります。
ちなみに、矯正治療のマウスピースとは全くの別物ですから費用も安く設定されています。
また、このマウスピースは歯科でしか作成することはできません。

睡眠時無呼吸症の治療における当院の強み

睡眠時無呼吸症の治療では、当院ならではの2つの強みがあります。

近隣の呼吸器科、総合病院などからの紹介の受付

当院では、近隣の呼吸器科や総合病院などからの紹介も受け付けています。
他の医科と連携することで患者様の状態をより正確に把握できますし、他の医科で睡眠時無呼吸症と診断された方がスムーズに歯科の治療を受けられるようになっています。

院内ラボの併設

当院では院内ラボを併設しているため、マウスピースの作成がスムーズに行えます。
外注に依頼する歯科医院と違って患者様をお待たせすることがないですし、マウスピースが合わない際の調整などもその場で素早く対処できます。

初診予約の方はこちら
050-7302-4055

再診・その他お問い合わせ
047-471-2788

                

〒275-0026 千葉県習志野市谷津1-17-28 C&Cビル1~3F

09:00~12:30-
14:00~19:00-

○土曜日は18:00まで △日曜・祝日は17:30まで

初診予約の方はこちら
050-7301-9011

再診・その他お問い合わせ
047-478-0088

                

〒275-0026 千葉県習志野市谷津7-8-27 松屋ビル2F

10:30~15:00-
16:30~20:30-

○土曜日は09:00〜13:00 14:30〜18:00 △日曜・祝日は17:30まで