院内ラボ

当院では医療設備の充実にもこだわっており、その代表とも言えるのが院内ラボです。
院内ラボの併設は歯科医だけでなく患者様にも様々なメリットがあります。

院内ラボによって素早い対応が可能

院内ラボ

「院内ラボ」と聞くと何やら研究の場のようなイメージがあると思いますが、院内ラボは言ってみれば技工所です。
歯科治療では詰め物や被せ物、入れ歯の修理を行う場合に技工所が必要です。

本来、こうした詰め物や被せ物は外注に依頼して、専門の技工所で製作することになります。
当然他の歯科医院からも依頼が来るため、詰め物や被せ物の製作は順番待ちになるのです。
実際、詰め物や被せ物の完成までに時間が掛かって困ったという経験のある方も多いのではないでしょうか。

その点当院は院内ラボを併設しているため、そういった依頼に掛かる時間や他院の患者さんとの順番待ちもありません。
つまり、院内ラボがあることで詰め物や被せ物が必要な際、素早く対応できるというメリットがあるのです。

患者様にとってのメリット

院内ラボが併設されていることで、歯科医だけでなく患者様にも以下のようなメリットがあります。

詰め物や被せ物を早く入れることができる

院内ラボがあることによって、詰め物や被せ物を従来よりも早く製作できます。
もちろんこれは急いで製作するという意味ではありません。上記でも説明しましたが、外注に依頼する期間、順番待ちの時間…そういったフェイズを省略できることが理由です。
このため、緊急時の仮歯や入れ歯の修理などにも対応できます。

精度の高い詰め物や被せ物ができる

精度の高い詰め物や被せ物

院内ラボ…すなわち技工所のない歯科医院では、歯科技工士が患者様の歯を直接見る機会がありません。
このため、歯科医院によっては技工所と同じ設定のカメラを用意して、実際の患者様の歯の状態を歯科技工士が少しでも正確に把握するための工夫をしています。
一方、当院では院内ラボがあるため歯科技工士が直接患者様の歯の状態を見ることができます。
これによって詰め物や被せ物の大きさに誤差が生じにくく、より精度の高いものを製作することが可能です。

歯科技工士と直接コミュニケーションがとれる

そもそも歯科技工士の存在すら知らなかったという方も多いのではないでしょうか。
本来歯科技工士は詰め物や被せ物の製作が仕事ですから、患者様と接する機会がありません。
しかし院内ラボがある当院においては、患者様が直接歯科技工士とコミュニケーションをとることが可能です。
そうすることで、例えばセラミック治療において色が希望と違うというようなトラブルも防止できます。

院内ラボがあることで患者様にもこのようなメリットがあります。
ちなみに、当院では院内ラボがあることを活かしてセラミック、入れ歯、インプラントなどの直しもその場で行っています。

その他の院内設備も充実

笑気ガス吸入鎮静器

院内ラボがあることが当院の強みですが、院内設備の充実はそれだけではありません。
当院ではインプラント治療などの口腔外科的な処置を伴う治療にも対応しているため、そのために完全個室のオペ専用ルームも設けてありますし、オペの後にゆっくり休める回復室もあります。

また、こうした治療に恐怖や不安を感じる患者様の気持ちに配慮して、当院では笑気ガス吸入鎮静器を導入…これによって笑気吸入鎮静法を使用した治療にも対応しています。
少し甘い香りのするガスで、これを充分に吸引することで恐怖や不安を軽減させられます。

このように、院内ラボを中心に当院ではオペ専用ルームや回復室なども用意してありますし、笑気ガス吸入鎮静器によって治療そのものを怖いと感じる患者様にも安心して治療を受けていただけます。
こうした設備の充実は泰照会ならではの特徴と言えるでしょう。

初診予約の方はこちら
050-7302-4055

再診・その他お問い合わせ
047-471-2788

                

〒275-0026 千葉県習志野市谷津1-17-28 C&Cビル1~3F

09:00~12:30-
14:00~19:00-

○土曜日は18:00まで △日曜・祝日は17:30まで

初診予約の方はこちら
050-7301-9011

再診・その他お問い合わせ
047-478-0088

                

〒275-0026 千葉県習志野市谷津7-8-27 松屋ビル2F

10:30~15:00-
16:30~20:30-

○土曜日は09:00〜13:00 14:30〜18:00 △日曜・祝日は17:30まで