アルツハイマー病と歯周病の関係

こんにちは。泰照会理事長の川本です。
少し前になりますが、歯周病原性菌がアルツハイマー病の原因であり、治療対象であるとする関する論文が出ました。
http://advances.sciencemag.org/content/5/1/eaau3333
https://news.yahoo.co.jp/byline/nishikawashinichi/20190215-00113798/
アメリカの歯周病学会でも紹介されております。

https://www.perio.org/consumer/alzheimers-and-periodontal-disease

岐阜大学大学院医学系研究科神経内科・老年学 の下畑享良教授もご自身のブログや大学のコラムで紹介されています。
https://blog.goo.ne.jp/pkcdelta/e/74c3f469089ccb8ff46bf83e0b7ebe73
http://www.med.gifu-u.ac.jp/neurology/column/medical/20190226.html
私共も訪問診療に伺った患者さんでアルツハイマーの方がいらっしゃいますが、御家族の苦労はいかばかりかと胸が痛みます。

歯周病の予防や治療がアルツハイマー病の発症を阻止できるとしたら大変素晴らしいことだと思います。皆様の健康のために、歯周病の予防と治療のために定期的に歯科医院での歯周病対策をお勧めいたします。